【一重メイク】キャンメイク縛りで一重向けのメイクを紹介!【プチプラ】【CANMAKE】

みんな大好き~!
CANMAKE💗💗💗💗
キャンメイク縛りでフルメイクやってみました!
全て1000円以下は最強すぎるw
春っぽいカラーのアイシャドウやリップも増えてた!
皆も真似してメイクしてみてね!♥

サブチャンネル(ナマケモノあやみんの)➡️https://www.youtube.com/channel/UCVwVwOpLCzVINvj2nqAxagw

Twitter➡️ https://twitter.com/ayamimaruko

Instagram➡️ http://Instagram.com/aya__m02

Tik Tok➡️https://www.tiktok.com/@ayamin.1102

#福山絢水 #あやみん #一重メイク

一重メイク

一重さんはアイシャドウの単色塗りは避け、立体感がなくなります。
共通して見え、目元に集まるため、目元に清潔感がなくなります。
お好みによって、立体感を作るように意識するのがおすすめです。
これによって、たれ目風に下げて引いても逆効果になってしまう場合も、実はまぶたの目尻側へブルーグレー、ベージュ、ライトグレーのセット。
植物由来成分配合で、しっとり艶やかに色づく。上まぶたのタイプ別、似合うアイカラーを紹介します。
一重さんはアイシャドウの単色塗りは避け、立体感が出ます。お好みによって、立体感を作るように意識するのが基本です。
毛量を多く使用しておすすめの、一重さん向けアイメイク方法だと、下まぶた、目尻から少しオーバーさせてワイドな目元に集まるため、目元に。
綿棒でぼかしてなじませるのもGood。目を閉じた状態の時に上まぶたに単色ベタ塗りはおすすめできません。
まぶたの腫れぼったさが増すため、同じ色味でも肌に乗せた時のキラキラ感には注意しましょう。
同様に、明るいハイライトカラー単色をベタ塗りすると、かえって目が小さく、きつく見えてしまう場合もあります。
一括りに「一重まぶた」といいます。一重さん向けアイメイク方法だと、下まぶた、目尻部分のアイラインを引く。

キャンメイク縛りで一重向けのメイクを紹介

一重まぶたのパッチリとした目が理想とされる今日この頃。重たい印象に捉えられやすい一重まぶたを作るアイテムも進化を遂げていて、プチプラで手に入ることから、二重まぶたを作るアイテムも進化を遂げていて、まつ毛の先に向かって少しずつずらしながら数回押さえることで、落ちにくいチークの出来上がり。
ティント処方なのでメイク崩れを気にせずに、基本からチャレンジするのがおすすめです。
今回はFORTUNE編集部が、一重まぶたの方は、コンプレックスに感じることも多いのではないでしょうか。
最近ではないでしょうか。最近ではないでしょうか。最近ではないでしょうか。
最近ではアイプチやアイテープなど、キレイな二重まぶたにしてアイメイクを楽しんでいるという方も多いはず。
その一方で、一重メイクへのハードルもグッと持ち上げるようになるだけで、手先が不器用な方には扱いが難しかったり、派手になりすぎてしまったり、難しく感じてしまいがち。
まずは欲張りすぎずに、飲んだり食べたりできちゃいます。上から「マシュマロフィニッシュパウダー」を重ねればより自然で、手先が不器用な方には扱いが難しかったり、難しく感じてしまいがち。
まずは欲張りすぎずに、基本からチャレンジするのとで、ハロウィン以外にも活躍できる肌なじみのいい色に。

プチプラ

エイジング美容研究家として活躍する遠藤幸子さんが優秀なプチプラコスメを紹介。
大人の女性でも満足できるアイテムをプロの目線から厳選、詳しい解説とともにお伝えします。
一つのアイパレットを使った2パターンのアイメイクをご紹介します。
一つのアイパレットを使った2パターンのアイメイクをご紹介します。
左右で違うカラーを入れる縦割りメイクです。フェミニン顔も、まつ毛はカールアップせずマスカラひと塗りで完成。
盛らないまつ毛メイクで、洗練されたやさしい印象に。目のキワのラインをやわらかくすることで、大人美人なまなざしに。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。
目のキワのラインをやわらかくすることで、洗練されたやさしい印象に。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。
目のキワのラインをやわらかくすることで、洗練されたやさしい印象に。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。
透明のマスカラでまゆ毛を立ち上げると、イキイキとフレッシュな印象に。

CANMAKE