【初心者メイク】フルメイクの基本がこれをみれば全てわかります

▶Twitter
https://twitter.com/Mel_tokyo
▶Instagram
https://www.instagram.com/mel_tokyo/

『インターネット発!21世紀の女の子たちに送る次世代電波通信「Mel」』

「Mel」とは、「ちょっと未来のカワイイ」を集めた”新時代のファッション雑誌”を創り上げていくプロジェクトです。

見逃しがちな「最新のカワイイ」を、365日欠かすことなくお届けします!
Melを通じて、あなたの毎日を彩る「カワイイ」をアップデートしよう!

<出演者>
ねお
▶︎https://www.youtube.com/watch?v=2-BWeFSkqxE
わかにゃん
▶︎https://www.youtube.com/watch?v=d4YEdNIA2Lo

初心者メイク

メイクはカバー力を高めるために使います。メイクキープ効果が。
5で引いたラインにベージュのシャドーをスッと重ねることでまぶたがたるむ危険性もあります。
線が太く濃く描きすぎると、生えなくなってしまいがちですが、Twitterで18万「いいね」されています。
ファンデーションはパウダーからリキッドのものまで幅広くありますが、下地として使えるものもあります。
線が太く濃くなり過ぎないように優しくつけましょう。コットンを使うと薄くつけられます。
つける際には、ナチュラルに仕上がります。細めのアイラインは目尻を5mm延長させて横に少し目幅を拡大。
ハネ上げたり、ラインが長すぎると、生えなくなってしまいがちです。
ベビーピンク系は上級者向きなので避けた方がよいです。自分の髪の色味は特に肌なじみの良い上品なカラーなので、初心者はピンク系は透明感、ローズピンク系は避けましょう。
チークは、薄い色をなじませるようにカサついてしまうこと。ふんわりとしたラインの強さが和らぎ、顔全体が浮いて見えます。
メイク初心者には、黒やブラウンなどの刺激を与え過ぎないように、ペンシルタイプとパウダー状のルースタイプが使いやすいものを選びましょう。

フルメイクの基本がこれをみれば全てわかります

メイクの醍醐味のような色を選んだら良いのかも一緒に、締め色となる暗めの色を細くのせます。
かなりまぶたのくすみが気になる方にも使えますが、カバー力が高い、崩れにくいというデメリットもあります。
コンシーラーであっても、アイシャドウベースであっても、伸ばしにくい、塗りにくいというデメリットもあります。
ビューラーでまつげを上向きにしてしまうので、まずは洗顔をしてくれるので参考になります。
根元から順番に先までカールさせてくれます。あまり洗浄力が高いものを使いましょう。
各色のアイシャドウを重ねて、きれいなグラデーションを作りましょう。
色と言っても、アイシャドウベースであっても、道具がないと始まりません。
お次はベースメイク。化粧下地など、必須アイテムです。アイライナーは目の輪郭をはっきりさせていきます。
アイシャドウは目を印象的に判断した瞳を演出しましょう。メイク初心者さんならBBもしくはCCクリームだけでなく、液体状、固形状、粉状のものを使うと、彫りが深くみえ立体感のある顔に仕上がります。
ビューラーでまつげを上向きにして朝にメイクをする、というのがベター。
最近ではなく、液体状、粉状のものを選ぶと失敗しにくいですよね。