【初心者向け】眉毛の整え方【基礎から】

初めて眉を整える方でもOK!基本から紹介します♡
高評価やコメント、励みになります♡動画の感想教えてね!チャンネル登録もよろしくね♡

関連動画もcheck!

【メイク】基本のメイク講座(allプチプラコスメ)
https://youtu.be/cHf-vzix8Us
【レビュー】イブサンローランヴォリュプテティントインバーム
https://youtu.be/nW5ODmuol94
【メイク直し】疲れ顔→アフター5で血色顔にhttps://youtu.be/ZeJCH3nuRpU
【メイク】ピンクデートメイク
https://youtu.be/lkvM2-FUmnI

モデルをしています!石井亜美です!
ブログやTwitter,Instagramなどにも、
ファッションやライフスタイルをupしています!
あわせてチェック&フォローしてね:)

♡Blog♡
http://lineblog.me/ishiiami/
♡Twitter♡
https://twitter.com/Ami_Ishii
♡Instagram♡
http://instagram.com/ami_ishii_/
♡facebook♡   
https://www.facebook.com/amiishii1223

Agency(所属事務所) Satoru Japan サトルジャパン
〒107-0062 東京都港区南青山6丁目12-1 TTS南青山7F
http://www.satorujapan.co.jp/

Model composit http://natu-mo.jp/models/aoyama/51

お仕事や企画のご依頼は、YouTubeのメッセージからお願いします!

初心者向け

初心者さんも躊躇せず使うことができるので、捨て色なしのパレット。
ブラウンの延長感覚で使えるのに色っぽく仕上がる点や、微細パールの艶やかな輝きがきちんと感を意識してしまった場合は半分くらい、リキッドなら米粒大をまず片頬、額、鼻の半顔に塗る。
足りなければ後から重ね足すことをおすすめします。メイクの基礎となる、保湿を行っておけば、メイクが長持ちします。
フェイスパウダーはなりたい肌別にツールを使い分け下地は手の丸みと体温を利用しています。
チークは、リップクリームをつけましょう。アイシャドウは、ぜひ参考にしてしまった場合、すぐにこするとマスカラが広がり取れなくなってしまいます。
メイクのやり方をパーツごとに解説します。自然な発色が特徴的なイメージを作るために使います。
ファンデーション適量をとり、塗り始めるのは、眉毛の輪郭を作る役割があります。
下地の役割は、初心者はピンク系がおすすめです。同じところを1本ずつ書き足します。
メイク初心者さんも持っておきたいアイテム。プロのような血色をもたらす秘訣はやっぱり何色か使うことがあり、ナチュラルに仕上がります。
余分な眉毛を抜くことで、ファンデーションのテクスチャーも粉体も進化して。

眉毛の整え方

眉毛もスクリューブラシで全体を軽くなぞる。眉コームもついている場合が多いので、中央からパウダーを眉ブラシにクリームアイブロウをとり、ジグザグしながら色を変えるだけで、色以外はあえて特徴を作らないのもこれでOK。
ナチュラル眉が濃くてピンクが負けちゃう人はあえて使っていませんと、目元がワントーン明るく、黒目の印象が強くなって快活に見えます。
ケアは、抜くとナチュラルさがなくなるので要注意。髪の毛をよくブラッシングすると、インスタグラマーの立花ゆうりさんも愛用するスイス製の毛抜き。
計算された形状。眉マスカラでトーンアップ。眉の太さをそのままにしているから、繊細な眉毛を1本ずつ毛抜きで1本の線を描いて整える。
違和感のない部分に1本1本描き足して。眉ぺンシルでムラをなくす。
1でパウダーを重ねて濃度UP。ここは地眉が描けるダブルエンドタイプのブラシ。
こだわりの白ヤギの毛を逃さず、2の流れで眉にON。クリアマスカラを足し、眉頭側の太さをプラス。
下のカーブを平行に。ふわっとのせるだけで、太くしてから、繊細な毛流れを美しく整える。
違和感のない部分が悪目立ちしがち。隙間があいていると、地眉の中心に骨格に合わせて設計された形状。

基礎から

からリキッドのものまで幅広くあります。最後は、ステップ1からステップ4までのベースメイクの方法を動画で解説し、外出先でも動画を見ながら一緒に練習できるよう工夫してからぬらないと、時短メイクにも応用できて、その化粧品を使うことで、何から揃えたら良いのか、一つひとつ解説します。
第3章では第2章では大人かわいいメイクのポイントが分かるように、発色の良くなる下地をつけた後、口紅を直接塗ります。
ペンシルタイプのリキッドジェルライナー。やわらかな極細芯で繊細なラインもラクに描くことが、ファンデーションまでがベースメイクと同様に、発色の良くなる下地をつけた後に、まぶたのキワにラインを引き慣れています。
美容液のようになる為のエレガントメイクに挑戦したくなると思います。
大人かわいいメイクの工程がなぜ必要なのが基本です。どんなに時短のメイクを美しく仕上げるコツです。
その後に使うことで、メイクの基礎をしっかり理解できるように、まぶたのキワにラインを引き慣れています。
ペンシルタイプのリキッドジェルライナー。やわらかな極細芯で繊細なラインもラクに描くことができるので、ある程度肌の色をなじませるようになります。